スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

アーマード・コア フォー アンサー PLAYSTATION 3 the Best |フロム・ソフトウェア

アーマード・コア フォー アンサー PLAYSTATION 3 the Bestアーマード・コア フォー アンサー PLAYSTATION 3 the Best
フロム・ソフトウェア
PLAYSTATION 3 Video Game
発売日 2008-12-18




良い作品ですよ。 2010-01-12
色んな意見がある中で敢えて言わせてもらいます。
確かにこのゲーム…処理落ちが多い、ロードが長い、難易度が高いなど言われますが…
難易度に関してはラストレイブンに比べれば遥かに簡単です。
初心者には敷居が高いですが慣れるまで耐える事が出来ればその後はとてつもなく面白く感じるハズです。
処理落ちが多い、ロードが長い、確かにそれはあります…
ですがそれを忘れるくらいの楽しさがあるのも事実です。
オープニングの映像はやはりとてつもなく綺麗です。
毎回脱帽します。
これを見るだけでも…とは言いませんがそれぐらいの価値はあります。
長くなりましたが大変素晴らしい作品です。
なので初めてこのシリーズをやる人にはまず難易度に耐えてクリアする事を願いたいです。
その後には極上の楽しさが待ってるハズですから。

操作感 2010-01-04
PS2までの比較的ゆったりした流れの戦闘の中で、戦略を練り、有効な武器を選び、じっくり戦っていく。
その楽しみをPS3に移してからバッサリと切り落としてしまった作品です。

ハイスピードのほうが楽しい方もいますので一概には言えませんが、初代からプレイしている私にとっては急激な操作感の変化に追いつけません。


さらに詳しいPS3ソフトレビューはコチラ≫
スポンサーサイト
  05/31 PS3 TB(0) | CM(0)

ラストリベリオン |日本一ソフトウェア

ラストリベリオンラストリベリオン
日本一ソフトウェア
PLAYSTATION 3 Video Game
発売日 2010-01-28




長所と短所がハッキリとした作品 2010-02-01
このソフトですが。良し悪しを分けるのは『戦闘』だと思います。

戦闘が少し特殊で、ただ敵のHPを減らせばいいというわけではなく、数か所に分かれた攻撃部位(足や腕)をもっとも効果的な順番で攻撃し、最後に魔法で消滅させる。といった具合のものです。

ここまで聞いてどう聞こえたかですでに評価がすこし傾くかと思います。
このシステムですが、上手くいけばそれでいいのですが、なかなか正解しないと戦闘時間が極端に伸びていまいます。

加え、その攻撃部位の攻撃順番を導き出すヒントなどは皆無であり、ほぼ当てモノです。(1度正解した部位は後の戦闘では表示されます)
また、CPという攻撃回数を表すポイントが設定されており、その数があまり多くなく、回復量も微量なため手詰まりするとCPを回復についやすターンがどうしても必要になり、また戦闘が伸びます。

あまり良くない風に書きましたが、僕はそこそこ楽しめて遊べています。システム的には斬新で、連打で倒せない、そこそこ考える。というスタイルで戦闘が出来るのを楽しいと感じました。
まぁ、爽快感はあまり感じません。剣撃など、スピード感はあるのですが、ヒットしたときに『軽く』感じます。
ここはもうすこしなんとか出来たのではないでしょうか。
走ったときの足音が無い。というのも人によっては気になると思います。

ストーリーですが、まぁ王道と自負するだけあって王道です。登場キャラクターが多すぎないのには共感が持てました。
キャラ内だけで勝手に話を盛り上げてしまってプレイヤーを置いていくようなこともないようです。
また、キャラボイスが英語です。これは、日本語でもよかったんではないでしょうか。

なぜかと言いますと、ストーリーは一枚絵とキャラの立ち絵で展開されるため、『動き』がありません。ですから英語での感情表現を日本のプレイヤーに伝えやすくするならば、迫力のある動きが必要なのではないかと感じました。

いろいろと書きましたが、決してヒドすぎることはなく、ゆっくりと楽しむ分には十分に『ゲーム』として完成していると思います。
なかなかに酷評なレビューが多いですが、食わず嫌いをしすぎず、少しでも興味があるのなら手にとってみてはいかがでしょうか?

長文、駄文失礼いたしました。読んでいただいた方にお礼申し上げます。少しでも参考になれば幸いです。




さらに詳しいPS3ソフトレビューはコチラ≫
  05/30 PS3 TB(0) | CM(0)

アバター THE GAME |ユービーアイ ソフト

アバター THE GAMEアバター THE GAME
ユービーアイ ソフト
PLAYSTATION 3 Video Game
発売日 2010-01-07




過疎さえなければ。 2010-01-28
タイトルの通りオンラインマルチプレイは発売日で既に過疎化しており、
マッチングすら出来ない状況でした。

シングルプレイのオフラインでは比較的グラフィックも素晴らしく映画さながらの
アクションを楽しめます。私自身は映画を観ておりませんのが、メニュー画面での
解説表記がありますので、現地の生物や機械についても読んで勉強しました。

ナヴィ側と人間側とで1周出来ますので合計2週は楽しめます。
映画を観ていたらもっと楽しめるんじゃないでしょうか。

普通 2010-01-23
アバターの映画を観れば面白いかも。
武器が豊富なのは良い。
ゲームが単調すぎて、もう少し自由度があれば良かった。
グラは良いとは言えない。
人を選ぶゲーム。






さらに詳しいPS3ソフトレビューはコチラ≫
  05/20 PS3 TB(0) | CM(0)

ユービー・アイ・ザ・ベスト アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】 |ユービーアイ ソフト

ユービー・アイ・ザ・ベスト アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】ユービー・アイ・ザ・ベスト アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】
ユービーアイ ソフト
PLAYSTATION 3 Video Game
発売日 2008-12-04




基本的に良作 2010-01-26
町の作り込みは高評価、関心する。散策するだけでも楽しいし、屋根の上を走り回るのは爽快。
ストーリーも悪くないし、吹き替えも良い。
バトルにおいても特に目立った悪い点はない。

では、なぜ☆3つなのか?

他の方もいわれてるが、各ミッションが同じことの繰り返しだからだ。
プレイ当初は新しい町に行けるのが楽しみでどんどん進めていったが、途中から繰り返しに飽きて町の探索が面倒になる。

また、やり込み要素的なものもあまりないのでそれを期待している人は気をつけてほしい。
(一応、旗集めがあるが数が多すぎてどれを取ったか分からなくなる。せめて管理ツールがあれば良かったが…)

悪い点が多くなってしまったが、ゲーム自体は決して悪くない。
海外ゲームに偏見がある人はやった方がいいと思う。世界が広がるよ。

まさにアサシンになりきれます。 2010-01-23
とにかく最後までクリアーしてほしいゲームです。
(終盤から一気にストーリーが予想外の方向に進展します!!)
ターゲットを一人、一人と暗殺を進めていくうちに
なにやら背景に陰謀のようなものを感じさせる思わせぶりな
ストーリー展開に加えて、主人公も徐々に
使用できる武器が増えるのと、戦闘のスキルが増えます。
なので、ストーリーが進むにつれて
多彩な攻撃技がまさに流れるように炸裂します。

投げナイフが使用可能になると、邪魔な弓兵も
一撃で遠距離から瞬殺可能となるので侵入が楽になります。

とにかく、モーション数の多さには驚かされます。
壁を登る、塔を登るだけでもさまざまな引っ掛かりを
足がかりにして、滑らかに、華麗にするすると登りますし
戦闘も敵との距離とタイミングでしょうか?
同じ攻撃でも複数のモーションで攻撃してくれます。

プレイの自由度も高く、慣れてくれば、正門から堂々と
進入して、20人ぐらいの番兵を切り伏せてターゲットを
倒すという強引な戦法も取れます。

2を遊ぶ前に1を購入したのですが
買ってよかったと思える1品です。


さらに詳しいPS3ソフトレビューはコチラ≫
  05/13 PS3 TB(0) | CM(0)

メタルギア オンライン(オンライン専用) |コナミデジタルエンタテインメント

メタルギア オンライン(オンライン専用)メタルギア オンライン(オンライン専用)
コナミデジタルエンタテインメント
PLAYSTATION 3 Video Game
発売日 2008-07-17




TPS 2010-01-22
自分はMGOとCOD4とでどちらにしようか迷ったのですが、
成人してもまだまだ子供なので操作するキャラが見えた方がモチベーションあがっちゃうな
と思い、こちらにしました。

はい、
まんまとはまっちゃいました。

メタルギアシリーズは今まで全部やってきたので最初からボコクソにされるということはありませんでしたが、
たぶん初心者部屋を卒業したあたりからが本番なんでしょう(汗)

一瞬でやられた人を逆に倒したとき‥

やばい‥

まぐれでも3人くらい一気にHSできたとき‥

やばい‥


これで私も廃人の仲間入りです。

悔しいから 2010-01-18
はまっています

そりゃもちろん凄く上手な人はたくさん居ます
基本的にヘッドショット(頭を打ち抜く)をねらって相手を倒すのが手っ取り早いのでみんなそれ狙いです

でも自分もそうですが初心者も多く、オートマッチングと言って同レベルの人を組み合わせてくれるシステムもあるので楽しめると思います。
やはり人が相手なので倒されると悔しいんです、だから思わず何度もプレイしています。

ゲームの基本的な事はトレーニング部屋で学びます、これは取り説に書いてある様な事をチュートリアル形式で学んで行きます
また教官部屋も存在します、ここは教官資格者が指導をしている部屋なのですが、
教えてくれる相手は人間です、人とのやり取りで大抵の疑問は解消され、またゲーム内のマナーなども教えてもらう事が出来ます。

そしてクラン
チームですね、自分はこれに入った事がさらにはまったことの原因です。
教官部屋で今ひとつ理解出来なかった事をチーム内の人達に聞く事できちんと理解し
新しい疑問に答えてもらえる、…良いシステムだと思います



やはりこのゲームの魅力は人対人ですね。
戦う相手も人で有れば教えてくれるのもまた人
楽しんでください


さらに詳しいPS3ソフトレビューはコチラ≫
  05/10 PS3 TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。